快適トイレとは?

国土交通省の定める快適トイレの定義

内閣府男女共同参画局の掲げるWLB(ワークライフバランス)を元に、国土交通省は~建設現場におけるワーク・ライフ・バランスの推進~を目指し、建設現場を男女ともに働きやすい環境にしていく取り組みを進めています。男女ともに快適に使用できる仮設トイレを工事現場に設置する事はその一環で、一定の基準をクリアしたトイレを「快適トイレ」と名付けて、基本的に平成28 年10 月1 日以降に入札手続きを開始する国土交通省の土木工事から設置される事になりました。

(01) 洋式便座

(02) 水洗機能 (簡易水洗、し尿処理装置付きを含む)

(03) 臭い逆流防止機能 (フラッパー機能) (必要に応じて消臭剤等活用し臭い対策を取ること)

(04) 容易に開かない施錠機能 (二重ロック等) (二重ロックの備えがなくても容易に開かないことを製造者が説明出来るもの)

(05) 照明設備 (電源がなくても良いもの)

(06) 衣類掛け等のフック付、又は、荷物置き場設備機能 (耐荷重5kg以上)

(07) 現場に男女がいる場合に男女別の明確な表示

(08) 入口の目隠しの設置 (男女別トイレ間も含め入口が直接見えないような配置等)

(09) サニタリーボックス (女性専用トイレに限る)

(10) 鏡付きの洗面台

(11) 便座除菌シート等の衛生用品

3.推奨する仕様、付属品

(12) 室内寸法900×900mm以上 (半畳程度以上)

(13) 擬音装置

(14) フィッティングボード

(15) フラッパー機能の多重化

(16) 窓など室内温度の調整が可能な設備

(17) 小物置き場等 (トイレットペーパー予備置き場)

「1.快適トイレに求める機能」「2.快適トイレとして活用するために備える付属品」については、現場に導入するにあたり、必ず備えるものとし、「3.推奨する仕様、付属品」については、装備していればより快適となるものと定義。

※国土交通省の直轄工事が対象。

※詳細は国土交通省のHP等をご確認下さい。

総合建設業者141社等で構成される一般社団法人日本建設業連合会では、次世代の担い手確保・育成に向けた建設作業所の環境改善の推進 、及び、建設業に対するイメージアップを図ることを目的として、作業環境の改善に積極的に取組んでいる建設作業所を一定の基準に従って審査し、基準を満たした作業所の 認定・公表 を行っています。認定条件として、仮設トイレを設置する場合は国土交通省「快適トイレ」の仕様(1)〜(11)を満たしたものとすることが必須とされています。

快適職場に認定されるための必須項目

「快適トイレ」の仕様

仮設の場合は、国土交通省が定める「快適トイレ」の仕様(上記参照)を全て満たすものとする。なお、現場に男女がいる場合は、男女別に設置すること。

冷暖房設備

作業現場や休憩室等に十分な冷暖房設備。

分煙対策

喫煙室の設置など、分煙対策をしていること。

社会保険加入

社会保険加入に向けた、下請会社、 現場入場者に対する周知徹底実施。

快適トイレ
NETIS
防災用備蓄用品
オストメイト
日野興業株式会社の歴史がわかる企業紹介」マンガ
新卒募集
バスケットボール 栃木ブレックス サポート
次世代法・女性活躍推進法

Page Top